内海聡氏FBより

そもそもワクチンは効かない

023
よく勘違いされているのが、ワクチンは打ちたくないが感染症はどうするのかというものです。つまりこの質問にはワクチンも効果はあるが副作用が怖いという、グーミンならではの誤解が入り込んでいます。ワクチンが効くという研究がどうしてあって、効かないという研究がどうしてあるのか、そもそもワクチンは効果がないどころか感染症を増やすことを知っていなければ、悩んでしまうのも当然でしょう。

たとえば細菌性髄膜炎の罹患者数はこうなっています。
1985年10万人に1人
1994年10万人に10人
2012年10万人に100人

インフラが進んだ日本ではこのようなことは本質的に起こり得ません。理由はワクチンが細菌性髄膜炎をもたらしているからです。ほかのデータと照らし合わせて調べてみてください。

BCGに効果がないのも有名です。1979年にインド南部で開かれたBCG評価の裁判では、ワクチンはバチルス性結核には予防効果がないという事実が公表しました。これはインド医学研究協議会(ICMR)が世界保健機構(WHO)と米国の協力を得て、1968年から徹底した調査を行ったものです。BCG接種を受けたグループの結核発病率の方が接種を受けなかったグループよりもわずかながら高かったので、BCGワクチンはアメリカ初め欧米では殆ど接種されないのです。

麻疹のワクチンも風疹のワクチンも効きません。たとえばイスラマバード市内の病院は運ばれてきた麻疹の子どもたちの50%以上は以前に予防接種を受けてきたことがわかっており、何も予防効果がないことを証明しています。日本のトップ機関である国立感染症研究所のデータでは、麻疹にかかった人の66%は麻疹ワクチンを接種、風疹に罹った男性の76%は風疹ワクチンを接種、女性の65%は風疹ワクチンを接種、とあります。やはり予防効果はありません。

肺炎球菌ワクチンももちろん効果はありません。そもそも高齢者の肺炎の主要たる菌が肺炎球菌ではないことからしてペテンですが、ニューイングランド医療ジャーナルの2003年 5月1日号に発表された研究でも、シアトルで肺炎球菌多糖体ワクチンは高齢者の肺炎の全体的なリスクを減らすことはないと、結論が出ています。

ジフテリアなどの三種混合ワクチンももちろん効きません。たとえばジフテリアの予防接種では、ドイツなどで戦前からジフテリア等の強制的予防接種を採用していましたが、1939年、ナチス政権時代には、ドイツではジフテリア患者数が15万人と天文学的に増大しました。これに対して、たとえば予防接種をまったく導入していなかったノルウェーでは、同じ時期に患者数はわずか50人だったそうです。

ポリオの予防接種ももちろん効きません。たとえばアメリカでポリオ予防接種を義務化した州では、ポリオ患者が逆に700%も増大しております。ポリオの『免疫血清』は、ルーズベルト大統領がこれを承認した当時、すでに危険で無益なものであることはわかっていたのですが、彼らは自分には使わないためこれで全く問題ありません。実際には、アメリカにおける全ポリオ患者の原因はワクチンにあり、1979年以降、米国では自然発生型あるいは野生型のポリオウイルスに起因するポリオ患者の症例は一つも見られていないと、新聞にすら堂々と書かれています。

子宮頸がんワクチンももちろん効きません。そもそも「HPV」(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによって〝発ガン〟するとなっていますが、これはすでにペテンで、FDA(米国食品医薬品局)ですら「HPV感染と子宮頸ガンとは関連性がない」と公式に認めております。HPVは日本女性の約8割が感染しますが、自然に排除され、とくに危険なウイルスではございません。ちなみにHPVが仮に癌になるとしても、癌に発展するのは、わずか0・1~0・15%以下と推進派でさえ認めております。推進派は「日本女性の子宮頸ガン原因はHPV52・58 型が多い」などというのですが、子宮頸がんワクチンはHPV16・18型にしか対応しておりませんのでますますムダです。子宮頸がんワクチンは44.6%子宮頸がんを増やすという内部資料もあり、まったく意味がないどころか病気を増やすワクチンの代表格です。

インフルエンザワクチンももちろん効きません。有名なのは前橋医師会のレポートがあります。ある児童の予防接種事故をきっかけにして集団接種を中止した前橋市は、研究班を立ち上げました。そして5つの市で計75000人を対象にして6年間にわたり、インフルエンザワクチンの疫学調査をしました。そして罹患率が全く変わらずワクチンが何の効果も示さないことを証明しました。そもそもインフルエンザウイルスは、そもそも鼻やのどから感染しますが、これを防ぐIgA抗体をまったく増やさない現行のワクチンで予防できるわけありません。皆さんの周りのもいると思いますが、インフルエンザワクチンはインフルエンザを防がないではなく、インフルエンザワクチンを打った方がインフルエンザにかかりやすい、というのが本当のところです。

厚生労働省の発表で、1950年代と比べ、
20~25%に激減してると言われる現代の野菜や果物からでは、
人の健康は維持できなくなってきている昨今…
しかし21世紀に入って、優れたサプリメントが世の中に出始めています。

そんな「効く」サプリメントに出会えるかどうかが、
現代人の健康の鍵、健康回復への鍵だというお話です。

ところが、巷のサプリメントのほとんどが、製品ラベル通りの栄養成分を、
なんと含んでいないという衝撃的な現実を、
サプリメントの選び方①サプリメントの選び方②でご説明しました。

今回サプリメントの選び方③は、素材についてです。

みなさんは、どちらのサプリメントがお好みですか?
sapuri

もちろん「リアル(本物の)フード(食べ物の)テクノロジー」ですよね。
しかしながら、市販品のほとんどが右側のものという現実。
(見分け方は私の「21世紀に選びたいサプリメントセミナー」で)

アメリカにこんな資料があります。
proevityというアメリカの医療に携わる専門家に栄養素の知識を啓蒙する第三者教育機関が提供しているものです。

proevity
そこが発表した、サプリメントの評価チャートが↓です(日本語訳)
(アメリカの✖はチェックという意味。日本で言う〇です)
じっくりご覧ください。

図1

アメリカではドクターの医師免許更新時に、栄養摂取の講習を受けるようになっています。
そして、治療に栄養を用いています。そういう点においてアメリカの医師たちは、
どのサプリメント会社ものが優れているかを常に知っていたいと求めているという点で、
日本の医療とは大きく違い、日本ではほとんど知られていないこういう情報が公表されているのです。

資料に目を戻しますと、
表記の通り、”すべて天然””食品丸ごとを含む”で、それらが表示通りの分量入ってることが認められたのは、
選ばれた23社製品のうちのたった1社であることがここにあらわされています。

この会社のこの製品は、西洋カラシナを用いた特殊製法で、特許を取得しています。
体内吸収率390%、体内利用率170%…すなわち100%ということです。
ですから、この製品を摂っても、尿が黄色くなりません。
大抵のビタミンミネラルのサプリメントは、鉱物由来、石油由来のため、25%程度しか吸収されないので、
尿が黄色くなります。そもそも、吸収される25%が怖いですが。

というわけで、本物のサプリメントの選び方 第一章は以上です。

お問い合わせはayu@ohken.orgまで

②cGMP基準

Current Good Manufacturing Practiceの略
アメリカFDAが定めた食品および健康食品の品質基準。
原料の仕入れ、製造、出荷まですべての過程を徹底管理し、
製品の安心・安全な品質を保てるようにすることを目的とした品質基準のこと。

日本にも、独自のGMP基準がありますが、アメリカのcGMP基準とは比べ物にならず、
結論を申してしまえば、「全く別物」と言っても過言ではありません。
どれほどの差があるか、

gmp

私はセミナーで、サプリメントについてこうお話ししています。

「サプリメントなんか効くんか?!」
という方がいらっしゃいますが、それはあながち間違っていません。
なぜなら、一般に流通してるサプリメントのほとんどが、
「効かないサプリメント」だからです。その割合は90%とも95%とも言われています。

理由は
・成分表示通りの栄養が含まれていない
・吸収されにくい鉱物由来や化学合成もの
・体内の酵素反応などで、働きが損なわれる分子構造
・素材の酸化や劣化で肝臓や腎臓を傷める

などが挙げられます。

しかしながら、世は21世紀。
ほんの一握りの5%ともいわれますが、本当に優れた研究と技術によって「効く」と言うに値する、
価値あるサプリメントが存在してきています。

1950年代と比べ、20~25%に激減してると言われる現代の野菜や果物からでは、
人の健康は維持できなくなってきている21世紀、
健康の鍵は、優れた「効く」サプリメントに出会えるかどうかです。

では、サプリメントを選ぶ基準をいくつかご紹介します。

①【NSF認証】
「第三者機関であるNSFにより、製品を構成する成分の純度が検査され、
製品ラベルにサプリメントの成分が正しく記載されていること、
そして製品の純度が基準を満たしていることが保証されているもの」
icon_01
驚かれると思いますが、世の中のサプリメントのほとんどが、
製品ラベルに記載された栄養成分が、製品の中に入っていません。
これが現実です。
なぜなら日本は、サプリメントに対しての規制が甘いのです。
詳しくはサプリメントの選び方②

参考資料として以下をご覧ください。A社からR社までの製品の含有量を調べた結果、
サプリの現実
ちなみに、
日本国内で流通するサプリメントのうち、この認証を取ってる製品は6社のもののみです。
あなたのサプリメントはどうでしょう?
このマーク、製品紹介のところについてますか?

ただし、このNSF認証は、「化学合成か植物由来か」は議論していません。
化学合成であろうと植物由来であろうと、「記載の通り含まれてる」かどうかだけです。

でもみなさん、サプリメントを摂るとき、化学合成ものと植物由来のもの、どちらを摂りたいですか?
≪続きは、サプリメントの選び方③へ≫
b713e68db4f7b2009aeeb5aaa7b6f3f8

 

本物の食べ物にこだわったリアルフードテクノロジーで
天然原料サプリメントを提供するマナテック社より、
オーガニックで、保存剤および遺伝子組み換え原料不使用の、
100%天然植物性エッセンシャルオイルが発売されました。

植物が持つ香りやさまざまな働きを利用して、
心身のトラブルの解消に役立つ自然療法「アロマテラピー」。
ヨーロッパでは医療の分野でも活用されています。

そんな香りの持つ力をぜひ、皆様に知っていただくため、
新しく、アロマセミナーを開催することにしました。

15800607_1126022607493273_466199873785055697_o

午後からは、毎度おなじみ「糖鎖栄養素セミナー」です。

PAGE TOP