カテゴリー「 未分類 」の記事

5件の投稿

内海聡氏FBより

インフルエンザの興味深いレポート

この情報は情報源をばらすとその人が危険なため、まったくの匿名とさせていただきますが、非常にわかりやすく実感と一致する内容になっています。みなさんがこれまでに思っていたことをまさに証明するものに一つといっていいでしょう。これまで海外においてはこのような内容はありましたが、日本においては私もあまり見たことがありませんでした。つまりインフルエンザで有名な前橋スタディーが間違っていることが、あらためて証明されたわけです。

これは理論上は簡単に説明できますし、その理論は拙著「ワクチンのすべて」に記載されています。しかしマスデータはなかなかありません。ぜひワクチンに否定的な感情を持つすべての方は、このような情報を拡散してほしいものです。

データとしては以下のようになります。

二年間の追跡調査で、それぞれインフルエンザワクチンを打った人、打たない人を検討し、インフルエンザワクチンを打ってインフルエンザにかからなかった人、インフルエンザワクチンを打ってインフルエンザにかかった人、打たなくてかからなかった人、打たなくてかかった人、もう覚えていないという人に分けます。

そうすると806人の調査の結果、ワクチンを打ってインフルエンザにかかった人が15.8%、ワクチンを打たないでインフルエンザにかかった人が8.2%という衝撃の結果でした。罹患率はある年は約9%であり、ある年は13%ちょっとでした。学校は一校ではなく複数校で実施したため、そのバイアスは少なくなっています。

ちなみにアンケートだけの結果ではありますが、ワクチンを打って軽く済んだかという質問に対して、軽く済んだと答えたのは約1割しかいませんでした。ほとんどは効果がわからないという回答になっており、ワクチンを打ったことがない人は14%以上いて、毎年ワクチンを打っている人も12%くらいいました。

前橋スタディにおいてはうっても打たなくても有意差はないという結果でしたが、この結果は打った方が二倍近くインフルエンザにかかるということになっています。もちろん感染症ですから打たなくてもかかる人はいますので、この辺りをワクチンマニアは巧妙にごまかして、結論ありきで有効性を捏造しますのでご注意ください。

この調査は学校調査であり、背景因子のすべてを当然規定できていないので、専門家に言わせると信頼ならない言われて終わるかもしれません。しかしそのような人々は情報というのが何なのか、その本質がわかっていないのです。情報とは立場によってすぐにとり方が異なってしまいます。周りの事実、結果、お金、社会の裏、実感、それらを総合して考えなければ、情報を生かすことはできません。正しい情報などこの世界にはないのです。

だからこの情報をあなたがどう扱うかはもちろん自由ですよ。
17342834_1283341525082931_5986285810593527888_n

内海聡氏FBより

そもそもワクチンは効かない

023
よく勘違いされているのが、ワクチンは打ちたくないが感染症はどうするのかというものです。つまりこの質問にはワクチンも効果はあるが副作用が怖いという、グーミンならではの誤解が入り込んでいます。ワクチンが効くという研究がどうしてあって、効かないという研究がどうしてあるのか、そもそもワクチンは効果がないどころか感染症を増やすことを知っていなければ、悩んでしまうのも当然でしょう。

たとえば細菌性髄膜炎の罹患者数はこうなっています。
1985年10万人に1人
1994年10万人に10人
2012年10万人に100人

インフラが進んだ日本ではこのようなことは本質的に起こり得ません。理由はワクチンが細菌性髄膜炎をもたらしているからです。ほかのデータと照らし合わせて調べてみてください。

BCGに効果がないのも有名です。1979年にインド南部で開かれたBCG評価の裁判では、ワクチンはバチルス性結核には予防効果がないという事実が公表しました。これはインド医学研究協議会(ICMR)が世界保健機構(WHO)と米国の協力を得て、1968年から徹底した調査を行ったものです。BCG接種を受けたグループの結核発病率の方が接種を受けなかったグループよりもわずかながら高かったので、BCGワクチンはアメリカ初め欧米では殆ど接種されないのです。

麻疹のワクチンも風疹のワクチンも効きません。たとえばイスラマバード市内の病院は運ばれてきた麻疹の子どもたちの50%以上は以前に予防接種を受けてきたことがわかっており、何も予防効果がないことを証明しています。日本のトップ機関である国立感染症研究所のデータでは、麻疹にかかった人の66%は麻疹ワクチンを接種、風疹に罹った男性の76%は風疹ワクチンを接種、女性の65%は風疹ワクチンを接種、とあります。やはり予防効果はありません。

肺炎球菌ワクチンももちろん効果はありません。そもそも高齢者の肺炎の主要たる菌が肺炎球菌ではないことからしてペテンですが、ニューイングランド医療ジャーナルの2003年 5月1日号に発表された研究でも、シアトルで肺炎球菌多糖体ワクチンは高齢者の肺炎の全体的なリスクを減らすことはないと、結論が出ています。

ジフテリアなどの三種混合ワクチンももちろん効きません。たとえばジフテリアの予防接種では、ドイツなどで戦前からジフテリア等の強制的予防接種を採用していましたが、1939年、ナチス政権時代には、ドイツではジフテリア患者数が15万人と天文学的に増大しました。これに対して、たとえば予防接種をまったく導入していなかったノルウェーでは、同じ時期に患者数はわずか50人だったそうです。

ポリオの予防接種ももちろん効きません。たとえばアメリカでポリオ予防接種を義務化した州では、ポリオ患者が逆に700%も増大しております。ポリオの『免疫血清』は、ルーズベルト大統領がこれを承認した当時、すでに危険で無益なものであることはわかっていたのですが、彼らは自分には使わないためこれで全く問題ありません。実際には、アメリカにおける全ポリオ患者の原因はワクチンにあり、1979年以降、米国では自然発生型あるいは野生型のポリオウイルスに起因するポリオ患者の症例は一つも見られていないと、新聞にすら堂々と書かれています。

子宮頸がんワクチンももちろん効きません。そもそも「HPV」(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによって〝発ガン〟するとなっていますが、これはすでにペテンで、FDA(米国食品医薬品局)ですら「HPV感染と子宮頸ガンとは関連性がない」と公式に認めております。HPVは日本女性の約8割が感染しますが、自然に排除され、とくに危険なウイルスではございません。ちなみにHPVが仮に癌になるとしても、癌に発展するのは、わずか0・1~0・15%以下と推進派でさえ認めております。推進派は「日本女性の子宮頸ガン原因はHPV52・58 型が多い」などというのですが、子宮頸がんワクチンはHPV16・18型にしか対応しておりませんのでますますムダです。子宮頸がんワクチンは44.6%子宮頸がんを増やすという内部資料もあり、まったく意味がないどころか病気を増やすワクチンの代表格です。

インフルエンザワクチンももちろん効きません。有名なのは前橋医師会のレポートがあります。ある児童の予防接種事故をきっかけにして集団接種を中止した前橋市は、研究班を立ち上げました。そして5つの市で計75000人を対象にして6年間にわたり、インフルエンザワクチンの疫学調査をしました。そして罹患率が全く変わらずワクチンが何の効果も示さないことを証明しました。そもそもインフルエンザウイルスは、そもそも鼻やのどから感染しますが、これを防ぐIgA抗体をまったく増やさない現行のワクチンで予防できるわけありません。皆さんの周りのもいると思いますが、インフルエンザワクチンはインフルエンザを防がないではなく、インフルエンザワクチンを打った方がインフルエンザにかかりやすい、というのが本当のところです。

この1週間、県外の方お二人の
ファスティングサポートをしてます。

以前に、個別ファスティングサポートさせていただいた
社長さんのご紹介。

事前に提出していただくカウンセリングシートで、
お二人とも”メガ級男子”だということが分かったので、
それ用の予備知識もお伝えしつつ、
スムーズなファスティング期に入られたことで自信をもたれて、
「3日間の予定でしたが、5日間やりたい」
ということになりました。

最初は、
「意志が弱いのでよろしくお願いします」
なんておっしゃってたんですけどね。

ご紹介といい、ファスティング延長といい、
ファスティングマイスター冥利に尽きます。

これを機に、太りにくい食べ方、意識、
今後のダイエット計画なども指南。
ミネラルファスティングは、痩せることが主目的ではなく、
解毒と腸内環境改善のついでの脂肪燃焼ですけど、
太っているのはさまざまな生活習慣病の引き金になりますからね。

ファスティングサポートをご希望の方は、下記をクリック。
http://tobanyoku.jp/?pid=82103406
正しいファスティングは、専門家の指導の下行うことをお勧めしています。

※次回のファスティングアカデミー(合宿)は2017年2月18~19日に開催予定
15078807_1069285333167001_1900791114699280932_n

いよいよ今週末にせまった
抗酸化陶板浴きずなの10周年記念講演。
スピーカーとしてお招きしている薬剤師の宇田川久美子先生とは、
先月あたまに、銀座のオフィスで事前打ち合わせ済み。

たくさんの本を出されてて、
週刊誌の危険なクスリ特集でもお馴染みで、
環境評論家の船瀬俊介氏との交流もお持ちで、
とても有名な方なので、
ツンとした方だったらどう接しよう…とお会いする前はちょっとドキドキでしたが、
「こんにちわ~、初めましてど~も~」
とご挨拶交わしたところで、ドキドキがワクワクに変わりました。
愛嬌というか、とても可愛らしい先生です。

みなさん、楽しみになさってください。
まだ、お申込みされてない方は、ただいま、参加者プレゼントの用意をしてるところなので、
大至急、参加表明のご連絡をください。

さて、宇多川先生の本を読ませていただいて思ったことは、
いつも私がセミナーでお話ししている、
・クスリに頼ることのリスク
・ファスティングや小食の可能性
・温めや運動の重要性
・多くのサプリメントは化学合成
が先生の見解と重なる点が多く、この講演会に足を運んでくださった皆様には、
より確信を得て、毎日の生活習慣の改善に前向きな自信となるかと想像しています。

おクスリを飲んでいらっしゃる方の中には、
「え~、クスリを否定されても、じゃぁどうしたらいいか分からないから怖い~」
なんて方で、参加を躊躇されてる方もいらっしゃるかもしれません。
安心してください!
ちゃんと優しく分かりやすく、”へぇ~そうなんだ~!やってみよう”
っていう内容まで網羅しています。
聞いて損はないお話ですよ。

9月4日(日)
14:00~16:00(13:00開場)

会場 武生商工会議所4Fパレットホール
   福井県越前市塚町101

参加費 500円(事前チケット購入者には記念品進呈)

13918464_987144414714427_2078086473_o

13835927_1158548217520123_469933451_o

この夏は抗酸化水にこれ混ぜて、
水分補給しながら細胞の中を常にお掃除してます。
日本はこの秋発売予定。

‪#‎デトックス‬
‪#‎detox‬
‪#‎体内クリーニング‬
‪#‎cleaning‬
‪#‎細胞レベル‬
‪#‎real‬ food technology
‪#‎グルテンフリー‬
‪#‎mannatech‬

13737467_979991572096378_8105165679700673217_o

PAGE TOP